二荒山の神前挙式

悠久の杜に誓う永遠の絆。末永きご多幸と繁栄を祈り、契りを交わす結婚の儀。

2000有余年の永い歴史を有する宇都宮二荒山神社。
今でもなお多くの人々の幸せと
男女の契りを見守り続けております。
杜に囲まれた静寂の地 二荒山神社の神前で挙げる
おふたりの、そしてご両家の
末永きご多幸と繁栄を祈り契りを交わす
結婚の儀式をご案内いたします。

神前式のご案内
神職2名、巫女2名が奉仕、神札・神守・三献盃を授与いたします。また、ご希望により伶人(雅楽演奏)・巫女舞をつけることができます

※拝殿挙式をご希望の場合は、挙式の時間が午後2時以降となります。
(その他、挙式・ご披露宴等に関しては会館までお問い合わせください)

拝殿

儀式殿

神前式の流れ
1.新郎新婦及び参列員着席

2.神職着席

3.修祓

祭儀を行う前にお祓いを受けます。神職が祓詞(はらえことば)を奏上し、大麻(おおぬさ)で 新郎新婦及び参列者全員のお祓いを行います。
この間、全員起立し、頭を下げます。

4.斎主一拝

祭儀の開始にあたり、斎主(中心となって祭儀を司る神職)に合わせて、神前に向かい 全員起立し、一回拝礼をします。

5.献饌

神職が神前に神饌(お供え物の海や山の幸)を奉ります。この場合、あらかじめ神饌を供えておき 御神酒を盛った瓶子(へいし)の蓋をとって、献饌に代える場合もあります。

6.斎主祝詞奏上

斎主が祝詞を奏上し、お二人の結婚を申し上げ、末永い幸福を祈ります。この間、全員起立し、 頭を下げます。

7.三献杯

神前に供えた御神酒で、新郎新婦が巫女の介添えによって三三九度の盃を酌み交わします。

8.新郎新婦誓詞奏上

新郎新婦が神前に進み、誓いの言葉である誓詞を 奏上します。

9.指輪交換

神前に捧げられていた結婚指輪を新郎から新婦へ、 つづいて新婦から新郎への順番で 取り交わします。

10.新郎新婦玉串拝礼

新郎新婦が神前に進み、感謝と祈りを込めて玉串(神前にお供えする榊の枝)を奉り、 二拝二拍手一拝の作法で神前に拝礼します。

11.御鈴の儀

ご両家・ご親族・ご参列者に福を授ける鈴祓い。

12.親族盃

両家の親族一同が御神酒をいただき、親族のかための儀を行います。

13.撤饌

神職が神饌を下げます。

14.斎主一拝

斎主に合わせて、神前に向かい全員起立し、一回拝礼し、式をおひらきにします。

15.神職退下

16.新郎新婦及び参列員退下

ページ最上部へ戻る