人生の儀礼

初宮参り、七五三、成人式、結婚式、厄除けなど人生の節目を乗り越えた証としての神事、それが人生の儀礼です。

初宮参り

初宮参りは神様にお子様の誕生を奉告し健やかな成長と幸せを祈ります。
誕生後、30日から100日前後に母方から贈られた晴れ着(祝着)をつけてお参りします。

七五三

男児(三歳と五歳)・女児(三歳と七歳)の祝いに、無事の成長の感謝と今後の成長を祈って、
神社(氏神)にお参りします。5代将軍綱吉(江戸前期)が子の徳松の祝儀を11月15日に
行った由来により、15日前後に七五三詣を行うようになりました。

男女三歳 頭髪を生やす祝い(それまでは剃っていた)
男 五歳 袴を着け始める祝い
女 七歳 帯を解き始める祝い

成人式

昔、公家や武家では「元服」といって、成人になったことを祝い冠をつける儀式がありました。
今では、20歳になった男女が大人として社会に認められ、祝福を受ける日として
成人の日があります。無事に大人の仲間入りができたことを神様に奉告しましょう。

ご祈祷のお問い合わせについてはこちら
ページ最上部へ戻る